ねずみ駆除の効果的な方法

subpage-img

ホームセンターやドラッグストアなど、いたるところでねずみ駆除のグッズが販売されています。

その種類は豊富でさまざまなタイプに分かれており、用途や間取りに適したねずみ駆除方法を選ぶことができます。

しかし、ねずみ駆除の方法は、大きく分けて「ねずみの排除」、「ねずみの侵入防止」の2つの作業を行うことで、はじめてねずみが撃退できます。

どちらか一方だけを行ったのでは不完全で、あまり意味がありません。

まず、ねずみ駆除グッズは「ねずみの排除」に分類される作業です。粘着シートや捕獲かごを用いたり、毒の餌を食べさせて処分したり、超音波やLEDの光によってねずみの嫌がる音や光で追い払ったりすることができます。
一方、ねずみの侵入防止とは、壁の隙間や通風口などに金網を設けたり、壁に空いた穴や隙間を塞ぐことでねずみの侵入を防止します。よく、遺跡などで見られる、高床式倉庫に備え付けられた「ねずみ返し」なんかはその原始的な方法と言えるでしょう。

この2つの方法を施して、はじめてねずみが排除されるのです。



ねずみをいくら排除しても、侵入経路を断たなければ次々と入って来て意味がありません。

エキサイトニュースがオススメです。

また、いくら侵入経路を塞いでも、肝心のねずみを退治しなければ室内でどんどん数を増やしてしまいます。
ねずみは一年間に5~6回子どもを作り、そしてそれらがまた数を増やして行くのです。



「ねずみ算」と呼ばれる由来となるほど、あっという間に増えて行くので、対策はできるだけ早めに行うことが大切になります。

top