自力でも行えるねずみ駆除方法の注意点

subpage-img

ねずみ駆除の方法には、プロである業者に依頼するやり方と自力で行う手段があります。


プロは、色んな罠などの専用アイテムを持っていますし、経験上から侵入ルートや営巣の場所などを見つけ出すことに長けているため、確実性が高いですが業者によっては費用が高額なことがあるので見定める必要性が出てきます。

自力で行う場合、罠や毒エサなどを購入してきて、自分で侵入ルートなどを割り出して設置する必要があって、ネズミの生態などが余り分からないため、設置場所の確実性が悪くなってしまうことがあります。薬局やホームセンター、ネット通販などでばね式やかご式の罠や、粘着シート、毒エサなどを購入することができ、種類も様々あります。


捕獲した後に処理しなければならず、毒エサについてはどこで死ぬか分からないので、死骸を見つけ出すことが大変な場合があります。

ガジェット通信に関する情報を公開中です。

ねずみ駆除の方法を決めてグッズを購入したら、頻繁に通るルートを見つけ出すためフンが落ちている場所を探し出します。



体が小さいサイズであれば4mm程度の黒いフンですが、体が大きいと1cm程度のフンをすることがあります。

環境が変わるとしばらく近づかないようになることがあるため、罠などを設置してもすぐに捕まらない場合があります。



数センチ程度の隙間からも出入りができるので、侵入ルートはとても多く家の基礎のすき間、壁の割れ目や配管、換気扇や通風孔など色んな場所を一つ一つ見て行くことが肝心で、丁寧な確認作業がねずみ駆除の方法として最も大事です。

top